防滑テック

代表ごあいさつ
  

当ウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
私ども防滑テックは『防滑』事業に積極的に取り組んでいます。

21世紀に入り、日本は前例のない少子高齢化を向かえております。「ちょっと転んだ」なんて言う話を聞きますが、それが高齢者となると笑ってはいられません。
死亡に至らないケースでも寝たきりの原因の第2位は転倒による骨折です。
(平成23年度には、約9万人の方々が寝たきりになっており、約1400億の医療費がかかっているとも言われています)

法律には床や路面に対する表現はこう書いてあります。「表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること。」
これは個人の感覚によるところが大きく、非常に抽象的であり、基準が曖昧でした。
こうした背景から、防滑業振興協会では国土交通省に『滑り・転倒事故』の危険性を訴えてまいりました。
そして、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」平成十八年六月二十一日 法律第九十一号(バリアフリー法)の「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」に床の滑りに関する評価指標が平成二十四年七月三十一日に追加され、建築物、街路等での床(路面)は、CSR値で0.4以上と定められました。

CSR(Coefficient of Slip Resistance)とは『すべり抵抗係数』という意味で、人間が実際の歩行に近い計測方法でJIS規格 A 1454に規定されています。類似の方法でBPNという計測もありますが、こちらはアスファルトと車両のタイヤを想定した方法であり、バリフリー法や東京都条例でもCSRを用いると規定されています。

2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。今後世界から多数の観光客が日本を訪れます。
防滑テックでは建築物のタイル張り・御影石や大理石などの床・マンホールなど滑りやすい床の滑り止め・すべり抵抗係数の測定を通して高齢者・障害者のみならず観光客・子供、すべての人が安心出来るまちづくりの一助となるよう活動をしています。

滑って転んでけがをした、多くの日本人は履いていた靴が悪い・濡れていたのに注意不足だった、と自己責任にしがちです。しかし、最近の判例では施設側の責任との判決が多数出ています。こういった何気ない日常を普通に過ごせる社会を目指して、日々活動をおこなっております。

  • イメージ01
  • イメージ02
  • イメージ03

会社情報
  

サイト名 滑り止め施工や防滑対策なら防滑テック
運営会社 株式会社コモンズ
代表者 代表取締役 松宮国子
設立年月日 昭和63年6月
資本金 1,000万円
住所 〒537-0014 大阪市東成区大今里西3-5-5
TEL 06-6973-0208
FAX 06-6973-0200
営業時間 9:30~19:00(日曜・祝日を除く)
E-mail info@bokatsu.com
各種会員・資格 宅地建物取引業免許 大阪府知事(7)第31497号
建設業許可 大阪府知事(般-28)第145128号
株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)届出事業者

MAP